プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
主にハロプロ現場に行くようになってからはあまり地下アイドル現場に行かなくなって、
その間に知ってるアイドルが卒業したり昔何度か見たグループが解散したりして
最近では「名前は聞いた事があるけど見た事はないな…」を通り越して名前も知らないってアイドルが多くなりました。

地下アイドル現場に通ってた時に知り合って仲良くなったオタクも、アイドルから足が遠のいた人も多くて、
その中でも変わらずオタクを続けてる人も勿論いるのですが「今このアイドルが好き」と言われても、
「よし、じゃあ俺もそのアイドル見てみよう」って思う元気だったり色々見たい欲がどんどん無くなってきてます。

と言っても元々そんなにあれもこれもどれもそれも、って手を広げるタイプではないんですが。
この子良いな、このグループ好きだなって思うとそれしか見ない。
地下って大体の現場が対バンだからその気になればいくらでも見る機会はあるんだけど、まぁ見ない。
基本的にめんどくさがりなんです。1つ2つ良いと思うものがあれば、それさえあれば飽きるまではとりあえず満足する。

あと、ちょっとだけカッコつけるような言い方をすると、そんなすぐに何でもかんでも良いと思えない。

ライブもそうだしツイッターに写真載せてるの見たりしてて「あの子可愛いな」って思う事は割とよくあるんだけど、
じゃあライブに通ってみようか、チェキを撮ってみるか、っていう一歩先までなかなかいかない。
「可愛い、接触するか!」みたいに深く考えないで楽しめばいいんだろうけど、そうしたい気持ちがあっても出来ない。
ケチなんで、よっぽど何か自分の中に「これは…ッ!!」と感じるものがないと、お金使ってまではいいやで終わる。
その感じるものってなんだって言うと、なんなんだろう。顔とケツとおっぱいとライブの楽しさなのかな。


長くなりましたが、モーニング娘。'19コンサートツアー春~BEST WISHES!~の感想です。今回はオリックス劇場。

昼公演はエグゼ枠で買ったおかげで1桁列で、ホールコンで1桁ってたぶん2年ぶりとかそんなくらいに普段の席運が悪いので
ひさしぶりの出来事にオタク1年生みたいなはしゃぎ方をしてたら途中で隣の知らんおっさんにメチャクチャ怒られました。
反対側のこれまた知らんオタク(おっさんではない)の方に異様に体を寄せたのは、おっさんが怒りとともに陣地拡大を始めたからです。
おっさんではない方の知らんオタクはステージに夢中で気付いてなさそうだったけど、もし「隣のオタクめっちゃ近づいてくるな」と思ってたら謝りたい。

けどまぁ、ちょっとやり辛さは感じはしたものの、それでテンション下がっちゃって全然楽しめなかったって事もなく。
不必要に腕を動かす楽しみ方は一応これ以上怒られて揉めたら嫌だなぁと思って控えたけど、
良い席だと普段「どうせ見えねぇ」って諦めてる部分もよく見えるし楽しかった。真莉愛ちゃんの腹筋とか。

夜は隣に怖そうなおっさんも居なかったし、親の顔より見た1階席20列より後ろからの光景に安心感すら覚えたので通常運転。
前回の大阪公演ではなんとなく気分が乗らなかったけど、この日は昼も夜もずっとはしゃいでて楽しかった。
どっちも入ったおかげで両方の公演パターンを見れて「前こっち見たから今日はそっちがいいけど、あの曲聴けない」問題も起きず。

あとやっぱり横山が良いなぁと思った。

何考えてるか分からないし、言ってる言葉もどこまで本気か分からない。
佳林ちゃんは自分の思ってることとか考えをMCで話したりブログに書く機会が多くて「あ、これ前も言ってたな」って時があるけど
横山の場合は「あれ?これ信じていいの?」ってちょっと踏みとどまることが多くて。

正確に言えばアイドルが何考えてるとか本当はどんな子かなんて分かるはずがないんだけど。
ただのオタクでしかない僕にでも絶対に分かる本当のことなんて、顔と名前と誕生日くらいしかないんだけど。

まぁ、それを置いといたとしても感じることが割とあって、「あんまり…どうなんだろうな」ってずっと思ってる。
もっとラジオを毎回聞いてインタビューを読み込んで毎回ライブ行ってMC聞けばそんなのお前の勘違いだって分かるぞ、
って本当に横山をずっと追いかけて応援してる人に言われてしまうと、そこは素直にそうですよねすみませんって話だけど。

あとまぁ色々と、個人的に、勝手に、だけど色々と思う部分があって。
見える部分を見えてるそのままに受け取るしかない立場ではあるけど、「鵜呑みに出来ないな、この子」と感じる。
そもそもそういう事がキッカケで横山が気になり始めたので、もし「こんな憶測で悪口書いて!」と気を悪くした人がいたなら、
謝りはしますけど僕の感覚としては全然悪口を言ってるつもりじゃないんですよ。これは僕が横山に感じた魅力なので。

この子本当は何考えてるんだろうな、言ってる事どこまで信じていいんだろうか、って疑問に感じて
言い方は悪いですが「化けの皮が剥がれる瞬間」というか、なんかそういう一瞬があるんじゃないか、あるなら見たい、と思って。
そうやってちょっと気になってるうちに、段々とステージ上で見せる魅力、最初に捻くれた見方から感じたものとはまた違う、
普通にオタクがアイドルを見るときに感じるような純粋な気持ちでの魅力に気づき始めた。

歌がうまいとか下手だとか、なんとなく「声が出てる、音程やリズムが合ってるか」くらいでしか分からない。
パフォーマンスどうやこうやなんて評価は出来ないし、別にそこをプロみたいな目で見て合格点つけた子を好きになるっていう
アイドルの好きになり方を僕は今までしてこなかったので、まぁそういう話は歌もダンスも出来ませんけど。

ただ、なんとなく見ちゃう、ついつい探しちゃう何かがあるとは思います。
他の人もそれを感じるかは僕の知ったことではないですが。
「横山のことすぐ見つかるよ、シルエットで」って言ったら「オーラじゃないんだ」って残念そうにしてましたけど、
最近は「やっぱりオーラも理由としてあるのかな」と、思わなくもない感じです。


アイドルだから顔が可愛いのは当たり前でしょって僕は思ってます。
歌が下手な可愛い子と、歌が上手いブスだったら、絶対前者の方が”アイドル”だと思う。
だから、可愛いなって思っても、可愛い以外になにか感じるものが無いと「あぁ、もっと見たいな」とはならない。

可愛いプラスの何か。たぶん、僕はライブを楽しく感じるってのが一番なんでしょうけど、それがあれば「また行きたい」と思う。
楽しく感じる理由が歌の上手さなのか、曲が自分の好みなのかとか、そこはまたどのアイドル見てるかで変わる事もある話ですけどね。

【Amazon.co.jp限定】モーニング娘。'18コンサートツアー秋〜GET SET, GO! 〜ファイナル 飯窪春菜卒業スペシャル(Blu-Ray)(オリジナルポストカード付)


スポンサーサイト
2019/04/15 22:10 アイドル TB(0) CM(0)
あんまりちゃんと日程を確認しないで「この時期は忙しいからなぁ」と思って微炭酸の個別握手は買わなかったのに
後々しっかり見たらどれも普通に行ける日程が組まれてて、Juice=Juiceのイベントはあるのに自分の予定がない状況です。

そんな訳でモーニング娘。'19ベストアルバム発売記念イベントに参加するべく岐阜文化センターまで行ってきました。
思い返せば前も岐阜で個別握手に参加したなぁ。今回は大阪には日程的に行けなさそうで、前も確かそんな感じ。

チェキとサインは普段のBOXを考えると少しお得なのかな。
握手の方は普段の3~4倍の値段で、時間も一応それくらい長めの設定らしいけど、体感ではそんな風に感じなかった。
なんだかんだで最初に自分で買った枚数の倍くらいの握手券が手元にあって「多すぎるかな」とも思ったけど
結果としてはちょうど良かったか、もう何枚かあっても良かったくらいかもなと思いました。

リリイベの全員握手だと「これだけでも言おう」と1つだけ何か言いたい事を決めて臨んでも、
剥がしが早かったり、咄嗟に言葉が出なかったり、あとはJuiceでは向こうから思いがけない事を言われる時もあって
保険的に3~5枚くらい確保するようにしてて、あのスピードでは言える話も限られるんでそれでちょうど良いんだけど
個別握手会だとある程度ちゃんと話が出来るから自然と「あれも言いたい、これも聞きたい」と思ってしまって
行く前は多いかなと思っても終わる頃にはもっと持っててもよかったなと思うことが多いです。

あんまり負担にならないようにというのか、「またコイツか」と思われない程度にはしたいと考えてるんですが。
もうちょっと若くて見た目が綺麗なら自信満々に幾らでもループするかもしれないけど、そういう訳でもないので。
1回だけでも握手させてもらえる事をありがたく思わないといけないような人種なんでしょうけど、
必要なものを買いさえすれば「1回だけでも」を2回、3回と増やすことはできるので、そこはちょっと甘えさせてもらってます。

佳林ちゃんと握手をする時は「あのライブの話をしたい」とか「この曲のこういう感想を言いたい」みたいに、
うまく言えているかは別として、自分の気持ちを伝えたいって感じ臨むんですけど、
横山と握手をする時は逆に「横山はどう考えてるの?」というのを聞きたい。

言い方悪いんだけど、どっかで「粗探し」をしたい気持ちがあるのか、単純に興味なのか。
素の横山を僕が見れることなんて一生無いんですけど、そう分かってても知りたいって欲があるんですね。
どんな風に考えてるんだろう、何を思ってるんだろう。それをどんな言葉で説明するんだろう。身振り手振りも含めて。
あとは「握手会用の笑顔」が崩れるのを、ほんの一瞬でもいいので見たい。

ハロヲタになってからはあんまりラジオを聴かないんで、そういうのを知れる機会ってブログくらいなんですよ。
ライブのMCは「どこまで自分の言葉なのかなぁ」って気持ちで聞いているんで。
前に「アイドルの発した言葉を信じるしかない」なんて書きましたけど、そう暗示をかけつつ、心のどこかではそう考えてます。
で、まぁそのブログについても同じ話で、どこまで感情のこもった言葉なんだろうなぁという部分はある訳ですし。
直接対面して話す場なら、単純な言葉以外の部分が伝わるじゃないですか。表情とか力の入り方とか、トーン、空気とか。

その辺を含めて横山が自分の目にどう映ったか、何を感じたかっていうのは、自分の中に留めておきます。
まぁ、結構堅いなとは思います。前に握手した時は何回かやってるうちに綻ぶかと思ってたんですけど。
「うまくやり過ごしてるな」というのは何となく感じるけど、じゃあその内側がどうなのっていうのは、あんまり見えてこない。

MORNING MUSUME。'18 Fall Concert Tour ~GET SET,GO! ~ in Mexico City [DVD]


2019/04/08 20:37 アイドル TB(0) CM(0)
先週はNHK大阪ホールで娘。の春ツアー、来週は岐阜で娘。のアルバム個別握手会。
こんばんわ、Juice=Juice Familyです。

今週は幕張メッセでSATOYAMAイベントとひなフェス、どっちも今回が初めてでした。
行くまではひなフェスだけで良いかなぁとも思っていたんですが、結局SATOYAMAもしっかり楽しみました。

SATOYAMAといえば、普段はそんな事できないハロープロジェクトのアイドル達を写真撮影できたり
アイドルから直接カレーだの米だの双眼鏡だのを購入できるという事で、
面白そうだなぁ、一回くらいは行ってみたいなぁと思いつつ、春は例年仕事が忙しかったり秋は場所が面倒だったり
そういうのが色々あって毎年ツイッターで画像をセコセコ保存しているだけだったんですけども。

まぁ正直言うと春に関しては年度末ギリギリまで忙しいって事でもないので行けたのは行けたんですけど、
うまくアイドルに遭遇できなくて何も買えない写真も撮れないで終わって、後からグチグチ言う姿を自分で想像できちゃって、
そんな風になりたくないなぁという気持ちで敢えて行かなかった部分も大きいです。

今回は始まる前に一緒に居た人が経験者だったんで流れとか雰囲気を教えてもらえたし、
「この子はコレに絡んでるからあのブースを注意しておけば見れるかも」って予想が立てやすかったりして、
終わってみたら当初の目的は達成したなと思える程度の成果をあげたように感じます(撮影した写真の画質以外)。
特にお目当てって訳ではない人のところで無駄に変なスイッチ入って散財する事もなかったですし。

OGとか負けん気とかの、所謂「ハロメンではない方々」のブースも人だかりは出来るんですけど、
そこで「なんだこんなもんか」と思ってたら、現役メンバーが物販降臨は人の集まり方が全然違ってビビリました。
普通に考えたらOG降臨中ってひなフェスの公演中でもあるから、そもそもの人の数が違うんですけど。
そういう中で写真撮ったり物買ったりしようと思ったら、あらかじめ予想をしておくとか運の良し悪しとかもあるけど、
無神経さ・図太さ・物理的なフィジカル・怒られるまではとりあえずやるの精神が最後の決め手のように思います。

あと僕は初めてだったしあっち行ってもこっち行ってもアイドルの写真撮れるしでウキウキして歩き回ってたけど、
肝心のひなフェスを前にして「え、今からライブやんの?もう終わりでいいじゃん…」ってくらい疲れました。
体力的な強靭さも込みでフィジカルは大事な要素。


で、ひなフェス。Juice=Juiceプレミアム回です。Juice=Juice Familyなので。
座席的にはメインステージと花道が近くて良い席だなぁという感じで、けどセンターステージが実質的なメインなので
微妙といえば微妙な席でもある。少なくとも”近くで見れる席”には違いないので、やっぱりその意味では楽しい。
あとは天井の高いデカい箱がひさしぶりでウキウキしました。同じ幕張メッセのイベントホールなら尚良しではありましたが。

なんだかんだ言ってもJuice=Juiceの楽曲を聴くとほぼほぼ無条件で楽しくなってくるので、スイッチが入る。
先週の娘。もこれくらいウッキウキで楽しめばいいのにって自分で思うくらいに。
別に娘。の曲が楽しくないって事ではないんですけど。今回普通に声出してピョンピョンしてUYバッキバキに折ってたし。
やっぱり座席の良し悪しなのかなぁって思ったけど、Juiceだとそこは関係無いので、
そうやって考えると自分でも何がスイッチを入れてるのか正直なところよく分からないです。

Juice=Juiceの客層はおっさんばっかりだからホッとするのかもしれない。
娘。は若い女性が多くて「古き良きおっさん」の肩身が狭くなってるように見えるんで、そういう事かなぁ。
分かんないですけど。冗談のような、それのような。

ステージに好きなアイドルがいるっていう事に関しては同じなんですけどねぇ。好きの度合いまでは同じじゃないけど。

表面的な部分だけ楽しめるようになりたくて、そうしようと努めてはいるんだけどなかなか出来ないです。
楽しかったなと思う時も、あんまり楽しめなかったなと思う時も、楽しいかどうか以外の事も色々頭を巡る。
そこも含めて楽しいような気もしますけどね。ずっとそうやってきたから。

考えてること、思うこと、割とツイートで吐き出すけどそれだけで百伝わんないなって時は自分で溜め込むか誰かに言う。
ツイッターに書いてることが全てって訳ではないです。

Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2018(Hello! Project 20th Anniversary!! プレミアム) [Blu-ray]


2019/03/31 23:13 アイドル TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: