プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
アイマス9周年ライブ、『THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!』に参加しました。

定番曲もありつつ、どちらかというと久しぶりだったり初披露の曲が多くて
1日目も2日目も「これを歌うのか」というサプライズがありました。
今回はいつも以上にソロ曲が多くて、それもこういう驚きの多いセットリストになった要素なのかなと思います。

個人的に、アイマスライブはいつも終盤にバラード曲が固まるセットリストになりがちなんだけど、
今回は所謂「バラードエリア」を感じさせない、一公演通して見て良いバランスだったなぁと感じました。

去年の8thツアーはシンデレラガールズとミリオンライブの声優も出演して、今年2月のSSAライブでは「アイマス」が全員集合だったので9thが久しぶりの765単独。
今回はあさぽんのソロが多くて、逆にあさぽんのソロが少なくて不完全燃焼だったSSAの分も楽しめました。

ずっと聴きたかったジェミーが聴けたのは本当に嬉しかったし、この一曲を聴けただけで来てよかったと言える。
はじめて参加した7thライブの時、ライブの予習にと思って買った6thライブの映像でジェミーを見て、聴いて、
これを生で見れる日は来るのだろうかと心待ちにしていただけに、イントロが流れた瞬間は鳥肌が立ちました。

何より、あさぽんの笑顔が今回もまた一段と輝いていて、いつもの事だけどあさぽんを見ているだけで幸せになれる。
あさぽんが客を楽しませようとしているのが伝わるから、その気持ちが嬉しくて楽しくなる。

今回のライブ、楽しい曲はたくさんあったしどの出演者も素晴らしいステージを見せてくれたんだけど、
結局のところ自分の目にはあさぽんしか映らなくて自分はあさぽんの事しか考えられないんだと改めて認識しました。



●1日目セットリスト
01. THE IDOLM@STER(全員)
02. ラムネ色 青春(今井、釘宮、沼倉)
03. スタ→トスタ→(下田)
04. おとなのはじまり(下田)
05. ジェミー(下田)
06. 何度も言えるよ(浅倉)
07. ハミングロード(浅倉)
08. ALRIGHT*(浅倉)
09. ID:[OL](滝田)
10. 空(滝田)
11. 君が選ぶ道(滝田)
12. マリオネットの心(沼倉)
13. キラメキラリ(下田)
14. 乙女よ大志を抱け!!(浅倉)
15. YES♪(沼倉)
16. いっぱいいっぱい(滝田)
17. 隣に…(今井)
18. 自分REST@RT(全員)
19. 待ち受けプリンス(下田、浅倉、滝田)
20. Brand New Day!(沼倉)
21. オーバーマスター(沼倉)
22. Rebelion(沼倉)
23. DIAMOND(釘宮)
24. プライヴェイト・ロードショウ(釘宮)
25. choco fondue(今井)
26. 眠り姫(今井)
27. Snow White(今井)
28. M@STERPIECE(全員)

・アンコール
29. ONLY MY NOTE
30. READY!!


●2日目セットリスト
01. THE IDOLM@STER(全員)
02. ラムネ色 青春(今井、釘宮、沼倉)
03. スタ→トスタ→(下田)
04. おとなのはじまり(下田)
05. 微笑んだから、気づいたんだ。(下田)
06. Kosmos, Cosmos(浅倉)
07. ハミングロード(浅倉)
08. ALRIGHT*(浅倉)
09. ID:[OL](滝田)
10. 空(滝田)
11. 光(滝田)
12. マリオネットの心(沼倉)
13. キラメキラリ(下田)
14. 乙女よ大志を抱け!!(浅倉)
15. フラワーガール(釘宮)
16. YES♪(沼倉)
17. いっぱいいっぱい(滝田)
18. 隣に…(今井)
19. 自分REST@RT(全員)
20. 待ち受けプリンス(下田、浅倉、滝田)
21. Brand New Day!(沼倉)
22. しあわせのレシピ(沼倉)
23. Rebelion(沼倉)
24. DIAMOND(釘宮)
25. Sentimental Venus(釘宮)
26. フタリの記憶(釘宮)
27. Fate of the world(今井)
28. 眠り姫(今井)
29. Snow White(今井)
30. M@STERPIECE(全員)

【アンコール】
31. ONLY MY NOTE
32. READY!!




THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014


スポンサーサイト
2014/08/06 21:21 アイマス TB(0) CM(2)
アイマス9thライブで、虹色ミラクルという曲の際にサイリウムを使って客席で虹を表現しようという
かつて戸松遥さんのライブで行われたサイリウム企画のパクリ企画が立ち上がりました。
(URL→http://twipla.jp/events/99237

色々と突っ込みどころの多い企画。
今でこそ「ある程度のサイリウムは用意します」って形だけど、
ツイプラが立ち上がった当初は「金がないから用意できないけど、お前らの持ってきたサイリウムで協力しろよ」って方向だった。
え、そこの金をケチっておいて売名したいの?それならフラスタ売名の方がよっぽど理解できるけど?って思う。

座席が固定された会場ならともかく、当日に入ってみるまでどうなるか分からないステージと座席の構成。
1日目の結果を踏まえて修正します、なんて言ってるけど、一旦大々的に告知した物をそんな簡単に覆せるんでしょうか?
有名絵師だからネットの力でどうにでもなるんですかね。アイマスPの結束って凄いなぁ。

強制じゃありません、なんて言われても、そういう企画が立てられたライブに行く以上、
やりたくなくても必然的に何らかの形で巻き込まれる。
面白い企画に巻き込まれるなら喜んで乗るけど、こんな中途半端な思いつきに巻き込まれちゃいい迷惑。

ツイッターで700~1000人の賛同があれば実行?
東京体育館のキャパシティをざっくりした数字でもいいので一度確認してから言ってください。


そもそも、サイリウムで色揃えることでどうなるの?
確かに成功すれば綺麗な光景だし、演者も感激してくれるとは思う。

けど別に客は演者を感動させるためにライブに行くわけじゃないでしょう。
むしろ、こっちが感動や楽しさを受け取りに行く側。
その喜びの結果、「演者をもっと応援したい」という気持ちが芽生えるんだけども、
最初からなんでこっちが与える立場なの?っていう単純な疑問が、これに限らず、こういった類の企画を見るたびに沸き上がってくる。

演者や演出者の「皆さんと一緒につくり上げるライブ」みたいな言葉が勘違いを生むんでしょう。
この言葉が言わんとする意味は分かるんだけど、どうしても好きになれない言葉。
楽しいライブになるように頑張るのも、感動できるようにライブを作っていくのも、こっちじゃない。そっち(演者、演出)。
最初から客のコールやサイリウムありきで考えてくれるなと毎度思う。
コールやサイリウム、そんなもん無くったって楽しくなるようにしなきゃダメじゃないの?

「みんなで楽しもうね」という気持ちで言ってる言葉なのは言われなくてもわかってる。
けど、やたら「プロデューサーさんのおかげ」を強調しすぎて、
そのせいでオタクが、自分は客という立場以上になにか凄い存在なんじゃないかって勘違いするんじゃないかなぁと思う。

とりあえず、せっかく高いチケット代を払って、自分の見たい声優や聴きたい曲を楽しみにしてライブへ足を運ぶのに、
そんな訳の分からないオタクの売名行為と自己満足に付き合わされるこっちの事も考えてほしい。
声優を喜ばせたいって気遣いができるなら、周りの客に迷惑をかけないようにしようって心遣いも出来るはずですよね?

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014



2014/07/01 22:45 アイマス TB(0) CM(2)
なお無かった模様。



01.自分Rest@rt 全員

02.Honey Heartbeat 若林・下田
03.I want 中村
04.Alright 浅倉
05.ゲンキトリッパー 仁後
06.目が逢う瞬間 長谷川・沼倉
07.迷走mind 原・滝田
08.Vault that boarderline 中村・若林・滝田

09.ビジョナリー 仁後・沼倉・下田
10.Brand new day 沼倉
11.黎明スターライン 下田 
12.ラブリ 仁後・中村・滝田
13.いっぱいいっぱい 若林
14.愛LIKE ハンバーガー 若林・仁後
15.きゅんっ!ヴァンパイアガール 原・長谷川

劇場版の発表(昼公演ではここでガミP登場、夜公演の時はこのタイミングでは登場せず)

16.edeN 長谷川・浅倉・原
17.Little Match Girl 浅倉・中村
18.Dream 長谷川
19.Lost 原
20.フタリの記憶 下田・沼倉
21.First step 浅倉
22.幸 滝田

グリマス発表(夜公演のみ。ここでガミP登場)

23.Music 全員

アンコール
24.Ready 全員
25.Music 全員



今回は生バンドの演奏と共に行われたライブ。
曲によってはバンド演奏との相性があんまり合ってなさそうに感じる曲もあったけど
全体的に見ればこれはこれで新鮮で楽しかったのでアリですね。

バンド演奏が定番化していくとなると、それはちょっと待ってくれって感じですが。

定番といえば、セットリストの曲もライブにおける定番曲が入ってないことが多かった。
THE IDOLM@STERがなかったり、キラメキラリや乙女よ大志を抱けがなかったり。

逆に、普段あんまりライブで聴く機会がない曲だったり初めてフルが披露される曲が多かったりしたのは、
いわゆる何周年ライブって言われるライブではなくて、冬フェスならではな感じがしました。個人的に。
スタートから中盤までは盛り上がる曲で、終盤はバラード系のしっかり聴かせる曲っていう具合に
わかりやすい構成のセットリストだったっていうのがまず感想として。

あとはチープな言葉になってしまうけど、楽しかった。
やっぱりライブって楽しいなって改めて思った。

各曲、各出演者について色んな感想や印象があるんだけど
全部最終的には楽しかったっていう結論に至る。


それから、個人的にはあさぽんが楽しそうにしてる姿を見てるのが一番楽しくて幸せ。
これはツイッターでたくさん呟いたんでここで同じ事を書くのはしないけど。

ビジョナリー、良かった。
シャイニーフェスタはグルービーチューンしか無いから他も揃えないと。


あとはやっぱり劇場版が楽しみですね。

アイドルマスター2 The world is all one!!(3) (DC)
祐佑 バンダイナムコゲームス
アスキー・メディアワークス発行/角川グループパブリッシング発売


2013/02/12 22:38 アイマス TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: