プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
最近仕事が忙しくなってきて土日も休日出勤したほうがいいかなぁとか思いつつ平日後半を過ごしてましたが、
金曜日になったら「休日はちゃんと休まないとダラダラ土日仕事してもダメ」という気持ちになりました。

そんな訳でモーニング娘。.'18コンサートツアー秋~GET SET,GO!~です。

春ツアーの時はJuice=Juice静岡からの流れで名古屋に行ったんですが、
今回はそういう一連の流れが特になかったので行くならNHKホールか岸和田の大阪公演どっちかだなぁと思ってて。
チケットを買ったはいいけど後から事情が変わってどうにか売り捌きたい人とチケットが欲しい人をマッチさせるサイトだと
どっちも2階席なのに定価の倍とかしてるようなチケットが多くて、今回はスルーかなぁと思ってたんですけど。
念の為にツイッターで検索したらありました、定価で夜公演の1階最後列通路席。

浪切ホールは初めて行く会場。
昔ゆいかおりとか竹達彩奈さんとかが使ってたっぽくて、なんとなく名前は知ってたんだけど。
周りに灰皿がいっぱいあるので良い箱です(最初ゴミ箱だと思ってスルーした)。
イメージ的には小さいJCBホールって感じで、こじんまりしてるので最後列だけどたぶん幕張メッセの最前よりよく見える。
中に入るとめちゃくちゃ電波悪くて時々圏外になったのは現場に友達がいない僕には辛かった。

セットリストをあまり把握してなくて、一応行くことになったし調べて「Aがいいなぁ」と思ってたけどBでした。昼がAだった。
春の時はめちゃくちゃバリエーションがある上にどのパターンになるか読めないみたいな話を聞いてたんで、
それに比べると圧倒的に読みやすい今回はもうすこし前から準備しておけばよかったとも思います。
そこまであの曲が聴きたい、これやってくれないと拗ねちゃう、みたいな強いこだわりは無いですけど。

春ツアーでは結構おとなしく見てたけど今回は割といつもの感じで見てました。
跳んだ回数で言えばいつも以上、手を叩いた回数はいつもより少なめ、トータルでトントン。
VTRくらいで「あ、全然ステージ見てないじゃん。もったいねぇ」って気づいて出来るだけステージ見るようにしました。
何の曲が来ても大体楽しいみたいな感じのセットリストでよかったです。
静かにしっとり聴かせます皆さんサイリウムを静かに上下させて聴いてくださいみたいな曲がほとんど無かったのも良かった。

あと横山がちょいちょい良い扱いをされていたような気がする。
カメラワークでいうと恋ヴィクの最後ソロで抜かれるシーンとか。パートなら恋してみたくての「ん?」とか。
最後列なんでもしかしたら森戸さんとかと見間違えてるかもしれないけど。

なんかの曲では誰かと2人でちょけてて「何やってんだろうな」と思いながら見てました。
楽しそうに笑ってたんでそれで良いんですけど。それも恋してみたくてだったかなぁ。

娘。のライブ来るとメドレーが結構新鮮に感じます。Juice=Juiceって基本的に全部フルでやるし。
あと客層的な話で言うと若い女性もいるし、男も若い人が多い。小学生くらいの子供と親がいたり、カップルがいたり。
オタクの幅広さを見てると、なんだかんだハロプロのマザーシップはモーニング娘。なんだなぁと思い知らされます。
あと勿論おじさんも沢山いるけど、そういう客層の感じなので陰鬱で湿気臭いような嫌な雰囲気は全く無かった。
ライブ終わりのおっさんは汗臭いけど。

あと人数多いんでMC長いなって毎回思います。ただでさえ長いのに一人で客に伝わらない話をずっと喋るの勘弁してくれ。

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル [Blu-ray]


スポンサーサイト
2018/12/09 10:10 アイドル TB(0) CM(0)
12/1は宮本佳林ちゃんのバースデーイベント@山野ホール。

新宿は東京に行く機会があればほぼ必ず用事がある(いつも泊まるビデオ個室がある)けど、代々木は久しぶり。
山野ホールとなると、昔に声優イベントかなにかの会場推しをした事はあるけど入ったことはありませんでした。

元々ファンクラブの自枠では夜しか当たらなかったけど、なんやかんやで昼も入れることに。
セトリが変わるかなぁとか、何かそういう違いがあるんだろうと思うとせっかく行くんだし、どっちも入れるなら入りたくて。
昼はちょっと歌詞を間違えたとかで、1曲まるまる歌い直すような場面もあってお得でした。

今年も去年のバースデーイベントに続いて本人が作詞作曲した曲を披露したり、
自作のダンストラックに乗せたパフォーマンスやギター演奏があったり。
割とやってる事自体は去年と変わらないんだけど、もちろんセトリは違うし、去年よりももっと上達していたり。

佳林ちゃんがやりたい事をやって楽しそうにしているだけで十分なんだけど、
そういう姿を見ていると「今年も今日に向けてたくさんがんばってたんだろうなぁ」とか考えて、愛おしくなった。

通路降臨やお見送り、グッズ売り場への降臨とか、がっつける機会って今回たくさんあったんですよね。
でも、大きく手を振ったり声をかけたり、そういうのが全然できなかった。
なんとなく、向こうが気づいたり向こうが見つけて「あっ!」って言ってくれるのはいいんだけど
こっちから「気づいて!ここだよ、手振って!」ってアピールするのはダメみたいな自分の拘りがあるのかもしれない。
「そんな事しなくても俺は大丈夫だから」みたいにカッコつけたい気持ちがあるかと聞かれると、どうだろう。

眼の前を通る佳林ちゃんと全然目が合わなくて、もうちょっとアピールすればよかったかなと思ったりもしたけど
「気づかれたい、見られたい」っていうより「せっかく通路席なのに勿体なかったな」って意味の方が強いように自分では思う。
普段のライブだと全然そんな欲が出ないんですよね。
最後の挨拶とかでも、たまに前の方にいるときでも「おー、近い近い。間近で見ると可愛いな」とかは思うんだけど。

アイドルとオタクとの間にハッキリと線を引きたいんですよね。
わざわざ引き直さなくても元々あるんですけど、地下とかだと割と曖昧な部分あるじゃないですか。
で、最近だとそこらの感覚が曖昧なオタクとアイドルが地上にも多いような気がして。
一回地下を経験して戻ってきてから、そういう気持ちが強くなった。

線の向こうで手振って笑ってくれるだけでいいし、なんならマジックミラーみたいにこっちは見えるけど向こうからは見えないとかでいい。
線の近くまで来てくれるのは嬉しいんだけど、そんな無理して近づかなくていいよとも思う。
俺みたいな汚い奴に近づいたらせっかく清廉な佳林ちゃんが汚れてしまうよと。

友達のように接してくれると嬉しい。でも友達じゃない、気さくにしてくれる”向こう側”の人なだけだって。
それをちゃんと忘れたり勘違いしたりしないでオタクしたい。
金払ってるから笑ってくれてるんだよ、アイドルは。

【Amazon.co.jp 限定】Juice=Juice 宮本佳林 写真集 『 覚醒 - KAKUSEI - 』 Amazon限定カバーVer.


2018/12/08 11:48 アイドル TB(0) CM(0)
そんな訳で今更ですが、11/18はJuice=Juice LIVE GEAR 2018~Esperanza~@石山(京都振替)でした。
会場変更のゴタゴタはもはやどうでもよかったです。参加できたので。

ブログ書くまでに時間が空いたのは、特に書きたいことが浮かばなかったから。
と言っても、別に楽しくなかったということじゃないんですよ。
むしろ逆で、すごく楽しかった。
余計なことを考えなくていいくらいに楽しくて、感想をまとめようとしても「他に何書けばいいんだ?」と思った。

たぶん近くで見れたとか、フロアにゆとりがあって動きやすかったとか、そういうのも理由。
「推しがいればそれだけで楽しい」なんて言いながら、やっぱりそういう別の要素もどれだけ楽しいかに関わってくる。
そこは素直に、カッコつけて認めない方が逆に恥ずかしい。やっぱ近くで見れたら嬉しいし、好きに動けたら楽しい。

握手で「あ、認知されてるんだ」って分かるような反応をされると、認知されてると十分に分かっていても毎回嬉しい。
どれだけ「別にそういうのを求めて行ってる訳じゃないんだ」と言ったところで、やっぱりされたらされたで嬉しい。

何か分からないけど、最近めちゃくちゃ素直になっちゃったんですよね。
一番好きな子を見てるときくらい変な思考を頭に巡らせたくなくて。
楽しい可愛い嬉しいみたいな、そういう気持ちだけで頭と心を満たしたい。

宮本佳林ちゃんには人を素直にさせる魔力がある。

OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~ [DVD]
OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~ [DVD]
ダイキサウンド (2018-12-05)
売り上げランキング: 493


2018/12/07 23:23 アイドル TB(0) CM(0)
昨日はあべのキューズモールでアンジュルムのリリースイベント。
何人かの知り合いに会って「Juice京都どうするんですか?」って聞かれました。
まだ昨日の時点では分からなかったんだけど、今日チケットを受け取って整理番号を確認したら
同日に行われるユーストンでの振替公演に参加できる整理番号だったので、それに行きます。

特に京都FANJが好きなライブハウスという訳でもないし、まぁユーストンもそれほどですけど、
Juice=Juiceのライブに行けるか行けないかだけが個人的に気になる部分だったので一安心。

だからツイッターでだいぶネタにもしたし、この件はもういいかなという気持ちです。
たぶんこれが整理番号的に滋賀での振替が無理で平日の振替だ、ってなると行けるか微妙なのもあって
ずっとグチグチ言い続けていたように思います。オタクってワガママですからね。

そう、オタクってワガママなんですよ。

勝手にずっと5人で走り抜けるんだと信じていたから7人になると嫌だ嫌だと駄々をこねる。
7人が楽しくなってきてしばらくはコレで行くのかなと安心してるから8人になって「なんでなの」と喚く。
辞めるなら年齢的にオリジナルメンバーだろうなと思いこむから梁川さんの卒業に驚く。

誰も一言も言ってない、約束なんてひとつもしてないんですけどね。
ついついそれを忘れてしまうから、自分の思い描いたストーリーから外れた展開になるとグズってしまう。
オタクってつくづくワガママな存在だなぁと思います。もちろん自分のことも含めて。

でもお互い様じゃないですか?アイドルも結構ワガママだと思うんですよ。
応援してください、一緒に楽しみましょうなんて言っておきながら突然いなくなってしまう。
こっちは「まだまだもっと行けるでしょ」「もっと大きくなれる、輝けるでしょ」「まだ見てない夢を見せてよ」と思ってるのに
アイドルはアイドルで勝手に自分で納得したり新しい夢や目標に向かっていっちゃう。

でもそんな風に思うのも結局はオタクがワガママなだけなんでしょうね。
だけど、今あるものを何のフィルターもかけずにあるがままに受け取って、それを楽しむって難しい。
「あぁ、今日のライブ楽しかったな。次のツアーも楽しみだな」って期待するじゃないですか。
次のツアーはきっとあるんだろうけど、次やりますよなんて一言も言ってない内から期待しちゃう。勝手に。
「あぁ、今日も楽しかった」でスッと止まって、次が発表されるまで何も想像しないでいるってたぶん出来ない。

勝手に色々想像しちゃうんですよね。良いことも悪いことも。
今の活動じゃ学業と両立できない、とか。本人は一言もそんなことは言ってないのに。
見てて「明らかにそうでしょ」って確信できるような状況でも、本人がそう言わないとそれは”本当”にはならない。
オタクから見て休む暇ないじゃん、いつ勉強するの、って思うくらい忙しいスケジュールに見えても、
アイドルからすれば「このくらい大丈夫だよ」「全然時間作れるよ」って程度かもしれない。
アイドルによっては余裕があるよりも時間や体力が厳しいくらいが楽しく感じるかもしれない。

すごく無理矢理に揚げ足を撮ろうとしてる文章を書いてる自覚はあるけど続けます。

兼任がどうだった、誰かが悪かった、色々なことを言ってる人をツイッターで見るけど、
梁川さん本人はそんなこと言ってない。そういう風に見える事があったとしても、言ってないし書いてない。
だから「あぁ、それあり得るよね」と思うくらい説得力があったとしても、本人発信じゃないから真実にはならない。

カントリー・ガールズもJuice=Juiceもハロープロジェクトも、アイドルも芸能界も区切りをつけます。
進学をして新しい夢を見つけます。
それしか言ってないから、唯一の真実はそれだけな訳だと、僕は思います。
それらしく見えるストーリーであっても、オタクが勝手に想像してるだけの話を、少なくとも僕は真実のように受け取りたくない。


まぁ、アイドルに何かがあるたびに行ってるけど、「推しじゃないから好きに言える」っていうのはある。
もしこれが宮本佳林ちゃんだったら、たぶん小さなこともなにかの伏線のように感じて後悔するだろうし、
今自分が周りを見て「それは無理があるよ」と思ってるようなことと同じようなことを言って犯人探しをすると思う。

梁川さんのことを嫌いだとか卒業が悲しくないとかそんなことはないです。
Juice=Juiceのライブやイベントに行って梁川さんの姿を見る機会は何度もあって、握手も何回かしていて、
一番の推しは宮本佳林ちゃんであっても、やっぱり梁川さんに対してそれなりに気持ちは持ってます。
でも、一番ではないから、そこまで我を失わずに、ある程度は冷静で居られるのだと思う。

びっくりしました。想像してなかったんで。僕はそれだけです。
辞めます入ります、こんな曲出しますこんな衣装着ます、どんな発表も一度されたら、まぁまず覆らない。
京都でライブやりますって言って滋賀になることはあるけど。
でも、「いついつで辞めました」と後から言われるよりは、オタク側にも猶予があっていいんじゃないですか。
燃え尽きるなり次を探すなり、辞めないでと泣き続けたり仮想敵を叩き続けたり、思い思いに過ごせばいいと思います。

個人的には残りロスタイムだみたいな気持ちや態度を見せられなければいいと思います。
たぶん梁川さんはそんな事するようなアイドルじゃないと思いますけど。あ、これも勝手な想像ですね。

梁川さんとの一番の思い出は、握手会で何回かループをしていた時に
思わずボソッと「こんな握手ばっかりして何になるんだろうね」と言ってしまった際に
「きっと何か見つかりますよ」「頑張って見つけてください」と励ましてくれたことです。段原さんと二人で。

僕も梁川さんに頑張って何かを見つけてほしいなと思います。
若いし、可愛いし、良い子だし、まだまだ卒業までの時間はあるし。僕とはエライ違いだ。可能性は無限大。

OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~ [DVD]
OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~ [DVD]
ダイキサウンド (2018-12-05)
売り上げランキング: 399


2018/11/04 20:14 アイドル TB(0) CM(2)
オタクは心を整えるべき。

なんか1年に1回くらい「そうだ、アンジュルム行こう」って気持ちになるんですよね。
そういう訳で昨年秋のライブハウスツアー以来のアンジュルムの単独ライブ。

アンジュルムに限らないんですが、基本的にどのグループも単独ライブ行きたいと思ってるんですよね。
だけどお金と時間と体力は有限なので、それなら一番好きなものに注力してしまう。
結局はCDリリースのタイミングで近場のリリイベにちょろっと行ってお茶を濁して終わるんですけど。
チケット申し込むタイミングではどうしても躊躇しちゃうんですよ。
後からJuice=Juiceのライブやイベントが被ったらどうしようかなとか。

今回は和田彩花さんの卒業が発表されて、このタイミングを逃すとラストツアーになっちゃうんで
ここで行っておかないと「普通のライブ」が見れないと思ったんで行くことを決めたんですが。

自分がどれだけそういう事を気にしないで行ったとしても、どうしても周りや演者はそういう雰囲気じゃないですか。
たぶんそれが分かってて行くと心の何処かでセーブする気持ちが働いちゃって、
結局「あんまり楽しくなかったな、楽しみきれなかったな」って思いながら終わりそうだった。
それってやっぱり嫌だし、もったいないし、純粋に自分も周りも演者もウキウキしたライブに行きたかった。

特に自分の中でのアンジュルムってそういう場なんですよね、位置づけが。
ワーワー言ってはしゃいで楽しめるライブって思ってる。
コールとかフリコピよりもとにかく、なんかいっぱい可愛いアイドル見ながらジャカジャカうるさい音聴いて体動かして。
そんな感じで見てるんですよね、僕は。
っていうか、見てないくらいの勢いで。そんな感じで見てる。

セトリは全然覚えてないですけど、とにかく楽しかったなぁと思いながら会場を出た記憶がある。
新曲がただひたすらにめちゃくちゃ楽しかった。
辛気臭いバラードで愛とか友情とか地球や人間がどうのこうのなんて歌ってる場合じゃないでしょ、と。
こういうのがもっと欲しいんだよなと思える曲でした。

タデ食う虫もLike it! /46億年LOVE(初回生産限定盤SP)
タデ食う虫もLike it! /46億年LOVE(初回生産限定盤SP)
アンジュルム
アップフロントワークス (2018-10-31)
売り上げランキング: 410


2018/11/01 01:40 アイドル TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: