プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
2012年のJ2が終了しました。
昇格したのは甲府、湘南、大分の3クラブ。
おめでとうございます。

昨年降格から1年でのJ1復帰が叶わず今年もJ1昇格を目標に掲げた京都でしたが
リーグ最終戦の甲府戦で引き分けたことにより自動昇格が叶わず、プレーオフで大分に負けたことにより3番目での昇格も叶わず来季もJ2で戦うことに。

大分にリーグ戦とプレーオフ合わせて全敗、湘南に2敗。
甲府には黒星こそ付いてないけど最後の最後で引き分けて昇格を逃したし、これも何かの縁なんでしょうか。


甲府戦はひとつひとつのプレーから気迫や意気込みが感じられて、結果は出なかったけど「よくやった」と思えた。
逆に大分戦では「本当にJ1に行きたいのか?」と言いたくなるくらいふわふわした、気合が感じられない内容だった。
昇格のプレッシャーか、引き分けでもOKという条件が試合の入り方を難しくさせたのか。
どちらにせよ、若さが悪い方に出てしまったのかなぁと感じた。

今まで何度も昇格と降格を繰り返してるのに、その経験が生かされないというのはなんとも哀しい話。


プレーオフの大分戦のあと、ゴール裏にサポーターが残り、今井社長と細川強化部ディレクターと話をしました。
クラブとしてのビジョンはおおまかに言うと自前の選手を育てることと大木サッカーの継続。
「継続」というワードは今井社長の口から何度も出ました。

育成も継続も大事だと思う。
クラブライセンス制度が導入されて今までのような無茶な補強は出来なくなったし
軸になるものを据えて、それを中心に育成していくことが求められるのは当然。

だけど甲府戦にしても大分戦にしても、もう少し「大木サッカー」を捨てても良かったのではないかと思う。
甲府戦は勝つしかない状況、大分戦は引き分けでもOKの状況だったけどリードされて追いつくしかなくなった。
何が何でも勝たなきゃいけない時に、もう少しなりふり構わず勝ちに拘ってもいいんじゃないかと思う。

それをやると継続が、今までやってきた大木サッカーが無駄になる、と言われるかもしれないけど
一試合一試合の中で多少自分たちのスタイルを曲げる瞬間があったとしても、
最終的に振り返った時に「シーズン通してはブレずに自分たちのサッカーをやったよね」と思えたらそれでいいんじゃないだろうか。

なりふり構わず行きたかったけど行けなかったのだとしたら、それはそれでまた考える必要があるけども。


それから育成。
これは今シーズンが始まった時に今井社長に話を聞いた時にも言っていた。
理想はユース出身者が半数以上を占めて、本当に足りない部分だけを補強する。

宮吉、久保、駒井といったユース出身者が主力になりつつあり、
ユース出身ではないけど福村、中村充孝、染谷といった京都でプロデビューした選手も立派にスタメンを張ってる。
今までにお金をかけて補強した選手がいなくなったという事情はあったにせよ、ある程度その理想に向かって進みつつある手応えを感じる。

だけど、こういう選手たちがどんどん出てきてくれるかは分からない。
有望な選手に巡り合えなくなった時にどう舵取りをするのか。
選手の補強、ユースの育成方針、京都サンガというチームとしてのビジョンがどうなるんだろうか。

サッカーゲームのように試合に使って年齢を重ねれば勝手に成長してくれるほど実際の選手は簡単じゃない。
自前の選手が育って、仮に京都を離れたとしてもそのお金で次の選手を育成していくと今井社長は言っていた。
絶え間なく有力な選手を輩出し続けるためには、もう少しソフト面での育成組織の充実が必要な気がする。

若手を育てたいっていうのはお金を使いたくないって部分もあると思うけど、
そうは言ってもプロは結果が全てだから結果を出すためにお金を使わなきゃいけない時もある。
お金がないから補強できない・自前で育てます、ではなくて、自前で育てつつ補強もしますと言えるように営業努力しないと。

今まで高給取りだった選手がいなくなって年俸を抑えたことだけで営業努力の成果、と満足されては困る。
もっとお客さんを増やして、もっとグッズを売って、もっとスポンサーがお金を出してくれるように魅力的なクラブにしないと。


僕はサンガの選手も好きだし、今井社長も頑張ってると思う。
だけど、だからこそ、今のサンガを見てると歯がゆい。
もっと頑張って欲しいし、もっとやれると思う。そう期待してる。
サンガが頑張ってくれたらサポーターはちゃんと応援するから、頑張ってください。

「結果出さずにいて、いつまでも応援してもらえると思わんといてな」ということです。


スポンサーサイト
2012/11/28 23:52 サッカー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/159-5900ade5
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: