プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
大木が3年かけて作り上げた「万年3位のチーム」を
「上位争いもままならないチーム」に変化させたバドゥ監督の手腕は見事でした。
守備の決まり事は皆無、攻撃は選手のアイディア任せ。
監督としての仕事は奇行でメディアとネットの注目を呼ぶこと。
お金が無いから仕方なく形だけの育成路線に切り替えたクラブとは思えないほど贅沢で見事な監督人事だったと思います。

今井社長、祖母井GM、細川強化部ディレクター。
やはりプロクラブをまとめあげる人達は常人離れした思考回路をお持ちのようで、敬意を込めた拍手を贈りたいところ。
バドゥがダメなら森下コーチを代行に、という猿でも予想できる行動をとったのはフロントの遊び心でしょうか。憎いですね。

南津守へフォルランのサインをもらいに行ったまま行方不明になった誰かが言ったように、
今年こそは絶対にJ1昇格するつもりだったのでしょう。
それは、得点力不足や個人の打開力不足に泣いた大木体制3年間の反省を踏まえて
大黒やアレッサンドロといった選手を獲得したことからも多少は理解できます。

センターバックが足りないことや控えキーパーの経験、ボランチの枚数はいるけど質の面での疑問等、
チーム構成に不安はあったものの、昇格争いは十分にできるだろうと思える戦力でした。
ただ、いくら良い材料があってもシェフの腕がなければ美味しい料理はできない。

絶対に昇格すると決めて今年に臨んだのなら、そもそも何故バドゥだったのか。
彼は長野を率いて、長野を昇格に導いたでしょうか。

過去の実績だけが全てではないし、今まで十分な結果を残せなかったり、監督未経験だった人が
思いがけず好成績を残すということもあったといえばあったことではある。
けれでも「絶対に昇格」と心に決めたのであれば、もっと計算できる人にチームを託すべきではなかったのでしょうか。


絶対に昇格するために前述した大黒やアレッサンドロ以外にも石櫃や比嘉、ジャイロといった選手を獲得し
使わなきゃ損のように(使わない選手を獲得されても困るものの)、そういった選手は起用されてきました。
反面、年代別代表に選ばれた経験もある若手選手はあまり多くの出場機会を得られていません。

もちろんポジションは力で勝ち取るもので、用意された椅子に座っているのは本当のプロの世界ではないです。
ウイイレのように若い選手を試合で使い続ければ成長曲線に沿って育つような簡単なものでもない。
ただ、「これからは若手を育てる育成型クラブ」と何かに取り憑かれたように言い続けてきた今井社長の姿を
何年も見ている身としては、「言ってることとやってることが違ってきてない?」と思うのが本音。

かつて「ビジョンがない」と言って京都を去り、今は立派なオーロラビジョンがあるスタジアムのベンチに座っている選手がいますが、まさに今の京都は「ビジョンがない」状態になっている。

勝ちながら育てるというのは非常に難しく、それが出来るクラブは本当に限られているのは明らか。
お金がないから仕方がなく育成を始めた京都サンガが一朝一夕の見よう見まねで出来るほど簡単じゃない。
京都サンガがそれが出来ないクラブであることは、自分たちが掲げた目標と真逆の行動をしている現状を見ても明白。

「京都サンガが京都サンガである限り、このクラブは変わらないし変われない」と僕は言い続けてきたけど
まさにその言葉通りの展開を迎えていて、我ながら非常に悲しい気持ちになっています。

Jリーグの戦術はガラパゴスか最先端か
Jリーグの戦術はガラパゴスか最先端か
西部謙司
東邦出版
売り上げランキング: 166,087


スポンサーサイト
2014/06/18 20:51 サッカー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/181-1681e7a2
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: