プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
早いものでアニサマから1ヶ月。
あの時はこんなにCLEAR'Sに夢中になるなんて思ってもみなかった。

なんでそんなにハマったかっていうと、やっぱりライブが楽しかったのが一番。
チェキ撮るのが楽しいとか、イベントであった出来事とかはその後の話で、
あの時の無銭イベントで色々と忘れていた物を思い出したような気がする。

どうにもこうにも、僕が普段行く現場(アイマスのこと)では人の言動にケチをつけたがる人が多くて
何かするにしても非常に息苦しさを感じて、その感情がそのままアイマスというコンテンツにも向き始めてる。
ライブに行っても「ライブが楽しかった」というよりも「あさぽんが良かった」「聴きたかった曲を聴けた」という楽しみしか
感じられないようになってきて、ライブの時間を丸々全部楽しむことが出来なくなってた。

そんな時に偶然あの無銭イベントに行って、何も知らないから、逆に何も気にしないで思う存分楽しんだことで
「ライブ行くのってこれを味わうためだったよな」って再認識した。


当たり前のことなんだけど、ライブにしてもイベントにしても、
自分が行きたいと思ったから、自分の金と自分の時間を使って、自分の体で行くわけ。
だったら誰かの想う「理想の現場」を作るのに協力してるよりも「自分が思うように楽しむ」事の方が大事。

もちろんルールは守らなきゃいけないんだけど、
誰かが勝手に頭の中で作り上げたルールブックに従う必要があるんだろうか、いやいやそんな必要ないよね、って思う。


それと、あの時のイベントをCLEAR'Sの子も割と好意的に受け止めてたのが意外だった。
普段の現場にいない人間がふらっと現れて、散々騒ぎ散らしてムチャクチャにしていった、みたいに思ってたんじゃないかなぁと考えてたりもしたんだけど、案外そうでもなくて、アレを「盛り上がった」と感じてくれていたらしい。

まぁ、アレがキッカケでこうやって新しいお客さんを掴んだのでそう考えるのも当然といえば当然なのかもと思わないこともないけど、
案外演者はオタクが思うほど神経質なものでもないんじゃないかという気がする。

アイドルと声優じゃ違うよと言われるとそうなんですけど。
規則正しくサイリウム振ってイメージカラーのサイリウムを用意することに気を取られるのと、
目で見た光景と耳で聴く音を楽しんで身体がじっとしていられなくなって笑顔が絶えないことと、
どっちが楽しんでる、盛り上がってるように見えるんだろうか。


少し話が脱線したけどCLEAR'Sの現場は楽しいです。
曲はどれも盛り上がって楽しめるし(僕はライブではあまりバラードを聴きたくない)、アイドルは可愛いし。

ライブは楽しい物、そんな当たり前なことを改めて思い出すキッカケをくれた彼女たちに感謝です。

ビ・ビ・ビ・ビューティー!!!(初回限定盤)(川越盤)
ビ・ビ・ビ・ビューティー!!!(初回限定盤)(川越盤)
CLEAR’S 川越CLEAR’S
ビクターエンタテインメント (2014-09-10)
売り上げランキング: 58,462


スポンサーサイト
2014/09/30 23:58 雑記 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/194-4dcf6126
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: