プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
埼玉は浦和レッズとクレヨンしんちゃんで経済を回してる地域だと思っていたけど、どうやら川越市は芋が有名らしいです。
ということで、アイドルとアイドルのオタクとアイドルの偉い人と一緒に川越の農園で芋を掘ってきました。


受付時間の15分くらい前に会場となる農園に到着すると、地元の方々が普通に芋掘りを満喫していて
「まさかこの家族連れがワイワイ芋掘ってる空間にオタクとアイドルを放り込むつもりなのか」という不安に襲われました。

っていうのに加えて時間が近づいても全然そういう準備っぽいのが始まらないんで場所間違えたんだろうかと思って
公式ブログに乗ってた農園の住所をグーグルマップで調べたら少し違う場所が表示されたんで
「え、やばいじゃん、間違えてるし普通に遅刻するじゃん」と思って慌ててナビに従って歩いて行くとただの住宅地に到着して頭抱えた。

結局最初に行った農園で合っていたらしく、ツイッターの心優しいフォロワーにリプライで案内してもらいながら(実際は全然違うルートで辿り着いた)、芋掘る前からとてつもない疲労感に包まれて30分の遅刻。
会場(畑)に到着すると俺の姿を見るなりあいちゃんが心配しながら駆け寄ってきたので、あの時にもし汗だくでなければそのまま抱きしめて出禁になってたと思う。

ちなみに僕らが芋を掘っていた時にはさっきまでいた地元の方々はすっかりいなくなっていて、
自分が迷子になっていた間に何があったのかものすごく気になったけど誰に聞けばいいのか分からなかったからガムシャラに芋を掘り続けた(2個くらいしか掘ってない)。

芋掘りの最中はオタクもアイドルも特に何の制限もなく(芋を掘っていい範囲の制限はあった)、
普通にアイドルと会話をしながら芋を掘ったりアイドルそっちのけで芋掘りに没頭する人がいたり、
芋掘るのに飽きて泥団子を作り始めるアイドルがいたり(可愛い)、ものすごく自由だった(背後からアイドルの偉い人が目を光らせてたけど)。

最終的に20人のオタクと5人のアイドルと2人のアイドルの偉い人だけでは確実に捌き切れない量の芋を収穫していて
皆が口々に「どうすんだこれ」「楽しいからって掘りすぎでしょ」「芋に特典券を付けて売ろう」と言っていた。

農園の人がこれ以上収穫されると生活できないから勘弁してくれと泣いて謝るほど芋を収穫した我々は次に調理実習に取り掛かります。
といっても事前に幹事に任命されていた人(オタク)がこれまた出来る人で、おおよその下準備がほぼ完了した状態でスタート。

基本的にアイドルが調理をして、料理できるオタクがそれを手伝って、アイドルの偉い人はオタクの行動に後ろから目を光らせるという流れ。


ぼく「ホントにネギ入れないの?」
あいちゃん「ネギは入れないの!さげちゃんもネギ嫌いでしょ?」
ぼく「ぼくは普通に食べるよ」
あいちゃん「ウチはネギ入れないの!ママのネギ嫌い遺伝したでしょ?」
ぼく「あっ、はい、ネギ嫌いです」

その数十分後に僕は下町のナポレオンを飲みつつ、ねぎ味噌を美味い美味い言いながら食べてました。

その間ピューラーで芋の皮と一緒に自分の皮膚まで剥いちゃう人がいたり、豆腐の包装を上手に開けれない人がいたり、豚汁を作りながら味噌をとくのに飽きた人がいたり(全て同一人物)しながらも最終的に豚汁(とオタクが勝手に作った美味しい酒のアテ)が完成。

その後はみんなでワイワイ酒を飲んだりアイドルにおにぎりをあーんしてもらったり。
途中でそれぞれ推しとツーショット写真の撮影をしたり。

最後は例によって物販があって、僕はチェキを2回ほど撮りました(前日に「1イベントにつきチェキ1回ってルールにする」と言っていた)。
「またしばらく会えないから寂しいね」って言われたので「来週また来るんだよなぁ、これが」と言ったらすごく喜んでもらえた(本当に行きます)。
チェキの後にはお土産(あいちゃんからの手紙とあいちゃん手作りのスイートポテトのような芋)をもらいました。

物販終了後には豚汁と焼き芋でも消費しきれなかった頭悪いほど残された芋をみんなで分けました。
そこでせっち(瀬戸りなちゃん)とはじめてまともに喋ったけどめっちゃ可愛かった。
喋った内容は若いっていいね(要約)って話。

なんとか芋の押し付け合いが終わったら、これが本当に最後で、残農園の駐車場でアイドルをお見送り。
その後ぼくは地元に住んでるからついでに乗せてくよと声をかけてくれた心優しいオタクの方に駅まで車で送ってもらい、そこから帰宅(所要時間約3時間)。


今回はライブはなかったけどとても楽しかった。
ステージにいる時とか、物販で話す時とかともまた違うアイドルの姿を見れて良かったし、
一緒にお酒を飲んだオタクの人達もみんな良い人だった(でも名前を聞いてなかった)。

今回の芋掘りは「小江戸川越研究部」という企画で行われたもので、次回は別の内容になるだろうし
また芋掘りをする機会があるのかどうかは定かじゃないけど、内容が違っても上手いこと都合をつけてまた参加したいですね。
月一回くらい行われるっぽい雰囲気なので(これまた定かではない)。

あと、あいちゃんからもらった手紙には色々嬉しいことが書いてあった。
自分の考え方を信じてこれからも推していけばいいのかなって思った。


三和酒類 いいちこ 麦 25度 1800ml×2本


スポンサーサイト
2014/10/27 23:30 アイドル TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/198-8de75367
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: