プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
京都サンガF.C.のJ1昇格プレーオフ出場の可能性がなくなりました。
もちろん、自動昇格をするわけでもありません。
またしてもJ1昇格を逃し、2014年シーズンを事実上終えることになりました(残りあと1試合)。

大木体制での3年間、「京都スタイル」の確立を目指してパスサッカーを磨いてきた。
形としての結果がどうだったか、内容としての結果もどうだったか。
それはともかくとしても、今まで1年1年チームがガラっと変わり、積み重ねをできないでいた京都にとって、
大木監督と過ごした3年間はすべてが無駄だったとは思わない時間でした。

とは言っても結果が出てナンボのプロの世界。
毎年J1昇格を目標に掲げながら、それを果たせずに「惜しい」シーズンを過ごし、結果が出なかった。
そして昨年のプレーオフ敗退とJ1昇格失敗をもって大木監督は京都を去った。

やって来たのはバドゥ新監督。そして、新しい戦力。
新戦力は今までの補強に比べて即戦力と呼べる選手が多く、フロントの今年に懸ける気持ちは伝わってきた。
大黒は期待通りの活躍をしたし、何人かの選手もレギュラーとして試合に出続けた。
ただ、大木監督と共に作ろうとした京都スタイルは時間と共に形骸化、というか形そのものすら無くなっていった。
今井社長や祖母井GMが散々言い続けてきた若手の育成も、若干の疑問符が残るものになっていった。

次第に、J1で残留争いをしている時のような重苦しさを感じるようになった。
勝てない試合が続く、勝ってもスッキリしない内容で終わる。
湘南の独走もあって、早々に自動昇格が厳しくなったシーズンだったけれど、プレーオフ出場にすら危機感を覚えた。

バドゥ監督になって崩れていった未確立の京都スタイル。
シーズン半ばでバドゥが解任されて川勝新監督を迎えても、崩れていく物を止めきれなかった。
何より、サポーター以上に選手自身が選手を信じられなくなっているように見えた。
17引き分けという勝ち切れなさは、選手達の自信の無さから来るものでもあったのかもしれない。

長崎戦を迎えるにあたって、山瀬は「京都の誇りを持って戦う」と言ったけど京都サンガは選手達にとって誇れるクラブなのだろうか。
選手達にとってサポーターは、サポーターにとって選手は、誇れる存在だったのだろうか。

大木体制で「惜しい」シーズンを過ごしてきたけれど、今年はその「惜しい」にすら届かなかった。
結果が出てナンボのプロの世界ではあるものの、結果が出なかった今年はこれからの京都サンガを考える良い機会になると思う。

未完成の京都スタイル、それは何なのか。
京都サンガというクラブは何を目指して、何を信じて、何に向かって、何のために戦うのか。
フロントと現場とサポーターでもう一回それを確認し合って共有していこう。


ただひとつ言えることは、プロである以上、結果がすべて。
どれだけパスを繋ごうと、どれだけトリッキーなセットプレーを見せようと、結果が出なければ誰も魅力に感じない。
魅力が無ければスポンサーもサポーターも離れていく。
プロである以上、お金が無ければ何も出来ない。

幸い、京都サンガには10年以上クラブを支えてくれているスポンサーがいくつもあるけれど、
今がそうであっても今後もそうあり続ける保証はどこにもない。

サポーターが何よりも求めているのは勝利。

選手が欲しているのは何だろうか。
それは選手にしか分からない話だけれど、お金がたくさんほしい、海外で活躍したい、代表に選ばれたい、有名になってモテたい。
選手が求めている物がどんなものであってもプロである以上、結果が出せなければそれらを手に入れることは出来ない。

勝利への脱出 [DVD]
勝利への脱出 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-06-26)
売り上げランキング: 46,422


スポンサーサイト
2014/11/16 22:14 サッカー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/203-8e83ce16
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: