プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
モモキュンソードのブルーレイ発売記念トークショー&お渡し会に行ってきた。
出演者は下田麻美さんと津田美波さん。
ふたりが演じたキャラクターは作中でそこまでガッツリ絡んでたわけではなかったので、
本人達も「なんでなんだろう?」って言っていたし正直なところ僕も「なんで竹達じゃなくてあさぽんなんだろう」って思った。
まぁ、そのおかげで2年続けて年始めのイベントがあさぽんのお渡し会という幸運に恵まれたわけだけど。

ちなみに場所は秋葉原の廣瀬無線電機。

トークショーは30分くらい。
お年玉だとか宝くじの話から始まって、モモキュンのアニメ化以前の話や今後の展開がこうなればいいねっていう話。
津田ちゃんはクシナダに縄を投げて縛るミニゲームとか面白そう、あさぽんは天界組と鬼族組に別れた運動会をやりたいって言っていた。

残りの30分でお渡し会。
渡された物はイベントのために描き下ろされた鬼姫とクシナダのイラストが入った色紙に、津田ちゃんとあさぽんのサインが入った物。それぞれで1枚ずつになってます。
色紙入れる特製っぽいショッパーも渡されて(これはスタッフから)、お渡し会なんてせいぜい既存イラストのポストカード渡されるくらいだろうと思ってたので、渡される物の気合の入り方に驚いた。

津田ちゃんとはアニメの話。
新年ってことで、あけましておめでとうございますの挨拶をした後に、必死に話す内容を考えた結果
「カッコイイ系に見えるけど、女の子だから可愛い部分もあるのは津田さんに似てますね」っていうようなキャラの話を振って
ブログタイトルのような返答が来たわけで「うんうん、なるほどな」ってなった(それほどなっていない)。

あさぽんとは新年の挨拶をした後に「去年は大変お世話になりました」と言われて「いえいえ、こちらこそ」といった感じで。
実質の第一声は「寒くないですか?」で、割と毎回言われるんだけど俺はあさぽんに会う時そんなに寒そうな顔をしてるんだろうか(実際は暖房のせいで少し暑いくらいだった)。
去年もあさぽんとのお渡し会が1年の最初のイベントで、と話を振ると「そうそう、去年もアキバでね。だから今年も良い年になりますよ」と言われたので「うんうん、なるほどな」ってなった(めっちゃなった)。

あとは、手紙や差し入れありがとうございますと言ってもらって「あぁ、ちゃんと届いてるんだなぁ」と改めて感じて
これが自分が普段から言ってる「手の届かない場所にいる人と指先が一瞬かする」ような瞬間の一つなのかなと。

あさぽんはどの人に対しても全力で向き合っていて、ずっと笑顔が絶えなかったし、お辞儀もとても深々としたものだった。
最後の挨拶の時に二人も言ってたように「あんまりファンと直接話をする機会がない」から、こうやって少ない機会でも多くの思い出を持ち帰れるようにしてくれてるんだろうなと思うと、この人のファンで良かったと思う。

あさぽん自身も好きなアーティストがいてファンとしてライブやイベントに行くからこそ、
自分が演者として立った時に客席から自分を見ている人達がどんな想いを持ってそこにいるのかが分かるんだろうと。
規模は違うけど、だったら自分はどういうアプローチをすれば喜んで、楽しんでもらえるか、それをすごく考えてる人なんだっていうのはイベントやライブで見ていると伝わってくるし、ラジオを聴いたりブログやツイッター見てても分かる。


会って、話して、改めて自分のあさぽんへの気持ちに気付いた。
まだ1人に絞るのは先の話になりそう。


[Blu-ray] TVモモキュンソード 下巻
[Blu-ray] TVモモキュンソード 下巻
キビダンゴプロジェクト (2015-01-15)
売り上げランキング: 3,427

スポンサーサイト
2015/01/12 14:17 あさぽん TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/212-c3f24afa
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: