プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
ぼくは自分が好きなアイドルの卒業ライブを見た事がありませんでした。

中高生の頃、ハロープロジェクトが好きでした。
ハロプロはメンバーの入れ替わりが激しいけど、何故か自分が好きな子は、自分が推している間には卒業しないで
その子から別の子へ興味が移った後で卒業をしたから、推しが卒業する衝撃を受けた事がなかった。

2年と数ヶ月前に川越CLEAR'Sをキッカケに地下アイドル(というかCLEAR'Sグループ)にハマって、
地下アイドルも負けず劣らず卒業だの解雇だの解散だのが半日に1回くらい発表される世界ではありましたが、
「まあまあ興味がある」「何回かチェキを撮った事がある」ようなアイドルの卒業はあっても、推しの卒業はなかった。
とはいえ、「まあまあ興味がある」ような子の卒業ライブにも絶対に行かなかったんですけども。


前フリが長くなりました。3月26日は大阪CLEAR'Sの4人の卒業ライブでした。

今まで一度も行った事がなかった類のライブに1日で2つ、初めて行きました。
推しの卒業ライブと、大クリワンマン。

入り口こそ、川越CLEAR'Sだった僕ですけど、いわゆる「地下アイドルの世界」を学んだのは大阪CLEAR'Sのオタクとしての時間が一番長かった。
見た目は可愛いけど別に飛び抜けて可愛い訳でもない、ダンスは下手すればオタクの方が踊れてるかもしれない、
歌も何百回と同じ曲を歌ってるくせに何回も歌詞を間違えるし、物販で喋ったら口が悪い。
これだけ見たら「何が良いの」って思われるかもしれないし、実際に僕も「こんなん何がええねん」と思った時もありました。

けど、上手く納得してもらえるような理由を挙げる事ができないけど、確かに感じる「楽しさ」が”そこ”にはあって、
「他の人がどう言ったりどう思ったりしても、俺は楽しいと思うもん」と開き直れる何かを彼女達は持っていたような気がする。
あと出会うオタクも大体が良い人で、面白くて、向こうがどう思ってるかは実際の所は分からないけど気の合う人ばかりだったと、僕は思う。
「同じ物を好きなだけで仲良くしろって言われても無理」っていう事を声優オタクの時から言い続けてた僕ですけど、
理由がそれだけではないにしても、「同じ物を好きな人と仲良くできるのって楽しいな」と考えるようになりました。

話を大阪CLEAR'Sに戻して。
まぁアイドルとして見た時に、何に対してそんなに魅力的に感じたのかを問われると正直な話、今でもよく分からないけど、
「アイドルを見てるぞ」「アイドルと喋ってるぞ」と肩に力を入れて臨む必要性が全く無かった事は魅力だったかもしれない。
あまりにも緊張感を持たなさすぎて、ついつい言う必要の無いような事を言ってしまって、嫌われたり傷つけたりした事もあったけど。
自分の本音とか本性とか、他のアイドルの前ではあんまり出したくない部分とかでも、平気で出せたというか。
人のそういう部分を引き出すような何かを持っていたのかもしれない。本人達にそんな自覚はきっと無いと思うけど。

ブログ書きながら今までの事を振り返ってると、メッチャクチャ迷惑かけた回数多いんですよね、僕。
小さい事も大きい事も色々あるけど、とにかくアイドルにも周りのオタクとか運営にも迷惑かけてる。
その分もちろん何回も嫌な顔をされてるのはちゃんと分かってるんだけど、その分だけちゃんとまた許してくれてるし、
書きながら気づいたけど「こいつら全員めっちゃ懐深いやんけ」っていう話なんですよねぇ。

ちょっとずつ来る回数が減って、大阪についてではないにしてもCLEAR'Sに対しての不満とか文句を言う回数だけ増えて、
それで卒業の発表をしたらまたちょっとずつ来るようになって、っていう最後の方の、僕の都合の良い動き方も、
正直言って向こうからすればあまり良い気持ちになれる物じゃなかったかもしれない。何とも思ってないかもしれないけど。
それでも行けば笑いながら「ひさしぶりやな~、最近どうしてんの?」って迎えてくれるのは嬉しかったです。
詰まるところ、「ものすごく居心地が良かった」んだと思います。ライブも物販も。

楽しかったし、良い子達だったと思います。
改めてそれに気付くのがあまりにも遅かったけど。
ずっと両手で抱えてる内は、だんだん慣れてしまってどれくらいの重さなのか分からないけど、
手放してズッシリした感覚がなくなった時に初めて「あ、重かったんだな」っていう事に気付くんですね。
持ってる間は持ってる事すら忘れてしまうくらいに当たり前だと思いこんでしまうのに、放した瞬間に空いた両手をどうすればいいか分からない。

後悔はしてないけど。というか、そもそも「オタクが後悔する必要ある?」って僕は思うので。
「いつも今日くらいの人が集まれば卒業しなかったかもしれない」なんて言ってる人がいたけど、実際どうなんでしょうね。
いつも人が集まるアイドルだって、それはそれで別の悩みとか迷いとかがあるんじゃないかなぁって思うし。
オタクなのでアイドルの事情は分かんないですけど。

オタクが1人しかいなかったり、物販に誰も並んでなかったり。
それが結構な間続いてても心が折れずにずっと続けていて、そういう時期を脱した(らしい)のに、
このタイミングで「アイドル続けよう」と思わせる何かがなくなってしまうのって、実際の所は何が理由だったんだろうなぁって気になる。
そこはさすがに聞けなかったですけど、もう悔いがないと思って決めたんだろうから「それで良いんじゃないの」っていう気持ちになった。
やらないといけない訳でもないアイドルを、それぞれ何かしら「やりたい」と思うキッカケだったり憧れを持って始めた訳で、
だったら「もうやり切ったな」って自分が感じたタイミングで、自分で決めて「辞めます」って言うなら、それで良いじゃんと思う。
もし仮に「辞めてほしい?続けてほしい?決めていいよ」って聞かれたら「続けてほしい」って返すけど。


あと、大阪CLEAR'Sは4人卒業するけど、最近入った1人は残って、新しいメンバーを揃えて、大阪CLEAR'S自体は続くみたいです。
残る1人も良い子ですよ、たぶん。愛嬌あるし。あんまり話しした事ないけど。

地下アイドル3年続けられたら大体の事は耐えられる忍耐力が付くんじゃねぇかって僕は思うんですよね。
何やっても上手くいくかどうかは知らないけど、大体の事は我慢できると思う。
自分だったら絶対できないもん、地下アイドル。

嫌味でも何でもなく、「すげぇな」って尊敬する。

お疲れ様でした。


スポンサーサイト
2017/03/27 22:36 アイドル TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/250-2f4f771c
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: