プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
清水で心地良い充実感を味わい「一生Juice=Juiceの現場にしか行きたくない」と思った2日後、4月30日の現場は
「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~@日本特殊陶業市民会館」でした。
基本的に僕は「もうこんなことしない」と言いながらその後何度も同じことを繰り返したりするような、言動の信用性が低い人間です。

モーニング娘。の現場は16年秋ツアー以来です。そういえばあの時も名古屋公演だった。
昔はライブ会場周辺に法被を着たオタクがたむろしてたり、オタクがアイドルの等身大パネルを飾ってたり
スピーカーで音楽流しながらヲタ芸打ったりっていう、オタクのお祭り感があったけど、最近はそういう人を一切見ない。
オタクが気持ち悪いのはいつの時代も変わらないんだけど、「気持ち悪いな~」って言いながらも笑って眺められる風景は、
モーニング娘。に限らずどのグループの現場に行っても最近はもう見れないんだなぁって思う。少し寂しい。

娘。現場は若い女の人が多くて、しかも「最近テレビで見て、気になって来てみました」みたいな人じゃなく(居るけど)、
「昨日○○終わりに夜行でこっち来て、これ終わったら新幹線で△△前乗りします」的なバッチバチのオタクが多いイメージ。
そういう人達を見てると「まぁなんだかんだ言ってもハロプロって娘。が中心だよな」と思う。なんとなく、です。
あと普通にどの現場でも見れそうなおじさんもやっぱり沢山居て、そういう人を見ていると安心する。

リリイベでもそういう客層の違いってある程度は感じ取れるんだけど、ライブになるとより顕著に現れるなぁと思う。
”わざわざ来た”人ばかりが集まってる空間だから、濃度がリリイベよりも全然に濃いですからね。
ライブの楽しみ方、盛り上がり方なんかもそう。もちろん個人差があるとは言え、この現場には大体こういう人が多いってのはある。

セトリはAパターンでした。個人的にはBが見たかったのですが、最近B続きだったらしく、
終演後にセクボで死ぬほどはしゃいじゃったというオタクの話を聞いて「うん、今日はAで正解だよ。分かる。」と納得した。
そもそも僕がBを見たかったのってナルシスが聴きたかっただけなんですよね。
メドレーとかのセトリには大半不満が無くて、「うわ~、これやってくれるんだ」「おー、これも聴けちゃうのか」みたいに、
1曲1曲で割とポジティブな反応をしていたと思う。ラブピはアンコール前最後の位置に置いてほしかったけど。
EDMとフォーメーションダンスに路線転換してスキルが再評価され始めた時期の楽曲は、個人的にはそんなにです。
僕はシングルでオタクもどう反応していいか分からない曲を連発してB面やアルバム曲で良曲を作ってた時期のつんくが好きです。

Juice静岡の後は「娘。よりJuice広島行きたいな」って気持ちが強かったんですが、行ったら行ったで楽しかったです。
自分は一応「よそのお客さん」っていう事で、割と静かに見てたけど。それでも面白かったです。
モーコーの20周年ver.がCDで聴いてる時より良かったですね。


で、なんで僕が唐突に娘。に行ったのかって話なんですけどね。横山玲奈さんが気になるんですよ、すごく。
僕が娘。で可愛いと思うのは森戸・横山・尾形の3人で、見た目が良い(足は短い)っていうのもあるんだけど、
横山玲奈という存在を意識的に初めて見た時から、なんか面白そうな雰囲気を感じて、ちょっと1回しっかり見たいぞ、と。




上のツイートは2月にアルバム発売記念のイベントに行った時の感想なんですが、こういう部分がすごく気になる。
当然アイドルがステージの上でも下でも舞台の表でも裏でも常に同じとは思わないんだけど、
横山さんの場合は上下も表裏もどこでも本当の部分はまだまだ出してないんじゃないかって思うんですよ。

あとは、自分が話す番になるとキラキラの笑顔で、誰かが話してる時も大体は笑ってるんだけど、ふとした時に真顔になる。
気に障ることを言われたとか、真面目な話題になって笑ってちゃダメだって表情を引き締めたとか、そういうのじゃなく、
ホントに、唐突に目のハイライトが消えたり、瞳が濁ったりするんでよね。

それを見てから横山さんが気になって気になってしょうがない。
絶対この子こんなんじゃないよ、いつまでこのキャラをキープ出来るんだろう、どこでボロ出すんだろう、って。
その瞬間を見届けたいな、歴史的瞬間に立ち会いたいなって思う訳です。
別にソレで嫌いになるとかは無いと思います、本性がどの程度化にもよるとは思うのだけど、基本的に無いと思う。
むしろ、「やっと横山玲奈が出てきたか」ってワクワクすると思います、たぶん。

割と結構ライブ中もずっと目で追ってました。ライブだからそういうのが出てくる瞬間はあまり無かったんだけど、
普通に見た目が可愛いし全体的にマスコットキャラクター感があるので見ていて楽しいっていうのがあった。
たぶん、これはライブでしっかり見ないと気づかなかった事だろうなぁと考えると来て良かった。

どうにも、ジェラシージェラシーで「13期の扱い困っちゃったからとりあえず2人とも真ん中置いとけ」みたいなポジションにいた印象が強くて、
「まぁきっと後列の端っこにいることが多いんだろう」と、始まる前は考えていたけれど、案外そうでもなかった。
美味しいポジションに居たり、良い場面で抜かれてモニターで存在感を示してたり、見どころがあった。
シャッフルメドレーの時も結構な印象を残してた。

あぁ、この子侮れないな。割と真剣にしばらく見続けてると楽しい子だな。という気がしました。
必死こいて食らいついてます、って場面もあったりはしたけど、キャラに合ってるから楽しんで見れる。
涼しい顔で歌いこなすくらいになっても面白いんだろうけど、今は今で見応えがあった。

アレ、意外と横山玲奈すごいぞ、って不思議な気持ちで昼公演の終演を迎えて、夜はほとんど横山さんしか見てなかったです。
2階席からでもシルエットがわかりやすいんですぐ見つけられるんですよね。そういうところも本当に面白い。

【Amazon.co.jp限定】 モーニング娘。'18 横山玲奈 ファースト写真集 『 タイトル未定 』 Amazon限定カバーVer.


スポンサーサイト
2018/05/01 21:02 アイドル TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/283-eae31242
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: