プロフィール

さげみち

Author:さげみち
リンクフリーです
何か連絡等ありましたらメールフォームかTwitterからどうぞ。

カウンター
ワールドカップの話です。
他力本願だのなんだの言われた、ポーランド戦のアレ。

個人的には賛成です。
終わりよければすべてよし、ってやつですね。まぁ全て良しには出来ないんですけどね、田嶋とか。
でも開幕前にゴタゴタして協会の責任問題が有耶無耶になってしまったとはいえ、始まった以上は戦わないといけない。
戦うからには結果を出してほしい。結果が出てから、「本当にこの結果の出し方で良かったの?」と検証すればいい。
3戦全敗、協会の問題点が誤魔化されてしまわないように、無様に散ってほしいと、始まる前は考えてました。
でも、始まっちゃったら応援するしかない。僕は南アフリカの時も大体そんな感じでした。

Jリーグ見る時も大体そんな感じです。
無理だろうな、ダメだろうなと悲観するし、フロントのやり方に納得ができなくて首が飛んでほしいと思う。
でも1年間リーグ戦を戦う以上は昇格を目指して、昇格を信じて応援するしかない。

結局は、どういう風に見るかなんだと思います。
1試合1試合良いサッカーを見たいと思うなら、あの戦い方は許せなくなるんだと思う。
(良いサッカーって何?ってのはとりあえず無視して)
グループステージ、あるいはワールドカップが終わってから良い結果だったと言えるようにしてほしいなら、
たぶんあれは賛成できるんじゃないかと思う。

1試合1試合の結果や内容なんて、その時はめちゃくちゃ気になるんだけど次の試合になったら割とどうでもいいんですよ。
アイツがあの場面でシュート外したとかコイツがめちゃくちゃミスばっかりしてたとか、割と忘れちゃう。
シーズンが終わってからとかの一区切りついた時に、「あいつ今年あんま良くなかったな」ってざっくりと振り返るくらい。

Jリーグの話になってしまいますけど、2013年のシーズン。徳島にプレーオフで負けた年です。
そう、そんな程度なんですよ。
3位になったって事は割と良いサッカーをして、良い雰囲気で勝ち続けた時期とかもあったはず。
でも最後にJ1昇格という結果を出せなかったから「徳島に負けて昇格できなかったシーズン」でしかない。
何節のどことの試合で良いゲームしたとか、何節のあそことの試合でディフェンスが全然ダメだったとか、そんなの覚えてない。

だからたぶん、今回のワールドカップもそんな感じになるんじゃないかと思います。少なくとも僕の中では。
「ポーランド戦で勝ちを諦めた大会」じゃなくて「ベスト16まで残った大会。まぁ何やかんやあったけど」になる。

っていうか、外国のメディアに何言われてもいいじゃない。
日本らしいサッカーを目指してるんだから、日本らしいサッカーの見方・解釈をすればいいじゃん。
「醜く勝つより美しく負ける」なんて隣に言われても「別にお宅の負け方も美しくなかったですけどね」って返せばいいのに。

木村太郎か誰かが言ってたけど、日本がやるからボロクソ言われてるだけだと、僕も思いますよ。
これをブラジルとかフランスとかがやったとしたら「世界で戦うにはこういう賢さが大事」って言うでしょ、絶対。
日本にはマリーシアが足りないだのなんだの散々言ってきた人達に「やれますよ日本だって」って言えばいい。

まぁでも、そんなギャンブルに勝ったからこそグループステージ敗退、全敗もやむなしだった日本が決勝トーナメントに残る訳で。
他力本願の目の前の試合を諦めた戦いを選んだからこそ、勝ち上がれたわけです。
みなさんが見たくてしょうがなかった「最後まで勝ちを諦めない姿勢」が、あと何時間で見れますよ。
だって決勝トーナメントには引き分けもフェアプレーポイントも無いですから。

東欧サッカークロニクル
東欧サッカークロニクル
長束恭行
カンゼン (2018-05-11)
売り上げランキング: 2,919


スポンサーサイト
2018/07/02 22:49 サッカー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://110kanae.blog.fc2.com/tb.php/289-2dad1425
スポンサードリンク
検索フォーム
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: